急激な体重増加を防ぐ会 » 折れ戸にする利点

折れ戸にする利点

バリアフリーを前提としたリフォームでは、リビングや寝室などでは引き戸が重宝されますがトイレや洗面所などでは、そうもいきません。そこで使われるのが折りたたみドアです。

蝶番などで連結させた扉を折りたたんで開閉することができるドアで、開き戸より開閉スペースが少なくて済みます。

少し幅が必要ではと思われるかもしれませんが、既存のドアのサイズと同じサイズにできる折れ戸があります。

寸法もオーダーで頼めるので小さくなったり壁を壊してドアを入れたりの必要はありません。折れる部分も1箇所なので小さくたためて便利です。

リフォームといっても、ドアの改修工事なら商品到着後1日でできる工事なのでほんとうに簡単です。サイズなどは、細かな部分まで測る必要があるのでリフォーム業者に相談することをお勧めします。

色も選べるので家の模様替え気分で交換してみてもいいですね。我が家の家の洗面所とトイレも折れ戸にしました。小さな息子も簡単に開閉できるので主人と「交換してよかったね」話ているほどです。

開き戸だと息子に気づかず開けてしまい子供がぶつかることもありました。いまでは、そんな心配もないので安心して生活出来ています。