急激な体重増加を防ぐ会 » 種類について

種類について

ブロック注射にはいくつかの種類があります。鎮痛目的に利用する馴染み深い治療法です。どうしても痛みに耐えることが出来ない場合、神経を圧迫することによって、局所麻酔をして抗炎症剤を患部にダイレクトに注射をして即痛みをなくします。

主な種類としては、

「硬膜外ブロック注射」、
「神経根ブロック注射」、
「椎間板ステロイド注射」

などがあります。

それぞれに、特徴があるのですが、、自分にあった専門医、主に整形外科などに相談してから必ず打つようにして下さい。

硬膜外ブロック注射とは脊髄の一番外側に存在する膜であるものと、黄色人体に帆の鵜に数ミリの間を狙った局所麻酔をして神経をブロックし、それで痛みが鎮痛するのが狙いです。

硬膜外ブロック注射は一番安全性の高いものと言われています。また、神経根に直接打つものは、圧迫を受けて痛みの原因のあるところに注射針を刺して、その針から局所麻酔、抗炎症剤を入れることで鎮痛します。

椎間板内ステロイド注射とは、椎間板にステロイド剤をいれて痛みを抑えるのものです。他のものとは違って、椎間板内に針を刺すので痛みに関して、個人差があるようです。

ですが、ステロイドって聞くと、副作用があるようにも思えます。今、お伝えしたこの3種類が主に一般的な代表のものとなります。ですが、出来ることなら、どれも経験したくないものです。

また、一つ注意点としては、ブロック注射で腰痛が治ることはないということを知っておいてください。あくまでこの治療法は神経を圧迫している部分の痛みの回路を断つものであって、根本から腰痛を改善するには至りません。

もちろん、時間が断ち麻酔の効果が切れれば、当然のことながら痛みはぶり返します。このことをしっかりと頭に入れておかないと後々、辛い思いをしますので注意しておいてください。

とにかく、症状が悪化する前に日々の生活習慣から気を付けて、腰痛を発症しないように心掛けましょう。

頚椎症を治す正しい治療法をご紹介しています