急激な体重増加を防ぐ会 » ダイエットがしにくい更年期

ダイエットがしにくい更年期

更年期に入ってから体重が増加していくばかりだ。けれど運動は毎日きちんとしているし、食べる量はむしろ減っている。それでも太ってしまうとお悩みの女性は多いです。

とくに生活習慣が変わっていないのに太ってしまう場合、その原因の一つに更年期が考えられます。更年期になると、女性ホルモンが減少します。

その中のひとつにエストロゲンと呼ばれる物質があり、これの分泌量が減ってしまうと太りやすくなるのです。

具体的には、基礎代謝が減少したり、筋肉が衰えやすくなったり、軟骨がすり減りやすくなったりなどといったことが起こります。

特に基礎代謝の減少はつまり、消費カロリーが減るということです。今までより消費カロリーが減っているのに、同じようにカロリーを摂取していれば当然、太りやすくなります。

こういったことが原因となり、更年期に入ると身体が太りやすくなってしまいます。いわゆる中年太りもこういった身体事情が影響していることもあります。

では更年期に入ったらどのように対策を取ればいいのでしょうか。まずは、衰えやすくなった筋肉を鍛えることを考えるといいでしょう。そうすることで、基礎代謝の上昇も狙うことができます。

こういった運動には、スクワットが有効であるとよく言われます。ただし膝を痛めることがある運動なので、急激に動くのは禁物です。更年期の症状のひとつに軟骨がすり減りやすくなるというものもありますから、膝を痛めないように気をつけながら実践しましょう。

また、カロリー消費量が減ったのならその消費量を越えないように摂取量を制限をすればいいと考える人もいるかもしれませんが、若い頃と同じようなつもりで制限をしてしまうと、栄養が足りないために内臓や神経の働きが衰え、かえって太りやすい体を作ってしまうこともあります。

そういったことにならないようにするためには、適度なカロリーと、適度な栄養バランスの食事を取りつつ、地道な運動を続けることが効果的です。