急激な体重増加を防ぐ会 » ツボについて

ツボについて

人体には約360ツボがあります。また筋肉疲労などが原因で起こる急性的な腰痛にも、ヘルニアなどの重度の疾患で起こる腰痛にも効果的なのがこのツボを刺激する治療法です。

腰痛は、姿勢の悪さや長時間の同じ姿勢の維持、またはクーラーの効きすぎた環境にずっといたり、運動不足、肥満体質などが原因で起こりますが、血行が悪化し、また筋肉がこわばりを高めてくるとちょっと揉むだけでも刺激が伝わり、血行を促すことができます。

またこの状態でツボを刺激すると痛みが大きい場合もありますが、改善してくるに従って痛みも徐々に和らいできます。

また、寝る前などのリラックスした状態で刺激するのも効果が高まります。この位置は個人差もあります。ですのでうまく見つからないこともよくありますが、その場合はもっと範囲を広げてみたり、鍼灸などの専門家の意見を聞くことも有効です。

代表的なものとして、大腸兪、だいちょうゆがあります。ウエストラインにある背骨から左右の外側に向かい、指約2本分の部位にあるものですが、腰痛や坐骨神経痛、また大腸や小腸に関連する疾患にも効果があります。親指の腹の部分を、面に対して垂直に立て、そのままゆっくりと力を入れて刺激します。

また腎兪、じんゆもよく知られている箇所です。上記の大腸兪から指の横幅3本程度上部にあります。腎臓の病気や、膀胱や生殖器の疾患でも高い効果を示します。

志室、ししつは腎兪から今度は指の横幅2本程度外側にあります。こちらも腰痛、また坐骨神経痛にも効果があります。部位的に押し方は親指を使って内側に向けて押していくのがコツです。

背中だけではなく、手の甲や足にも腰を改善するのに良い刺激を与える場所があります。またこの刺激は時間がなくて面倒、という場合は、簡単な方法としてはがれにくいテープに硬い米粒などを貼っておくと常に刺激できます。あまり大きなものだと痛みが大きくなる場合がありますので注意が必要です。

椎間板ヘルニアの痛みから逃れたい方はこちらの方法を試してみてください