急激な体重増加を防ぐ会 » 放置はしてはいけない

放置はしてはいけない

ブロック注射は、注射をしてからが本番です。打った後に何もしないのなら意味がありませんので注意してください。

まず、勘違いして欲しくないのはブロック注射だけでは症状を回復することが出来ないと言って良いことでしょう。


確かにかなり軽い状態なら自然治癒力などで回復することができますが、基本的にブロック注射は完治を目指すものとは言い難いです。

どちらかと言うと鎮痛効果を出す行為なので、注意してください。そして、しっかりと治すようにしましょう。ちなみに、症状が悪化している場合は、本当に治療行為をしないと悪化していきます。自然治癒力だけでは完治させることができませんので、注意しましょう。

次に、ブロック注射をした時の効果時間で治療をするようにしてください。上記でも説明したようにこの施術を行った時は多少ですが自然治癒力が発生します。

それを使いながら一緒にリハビリなどの改善方法を行うことで大きな結果につなげることが出来るでしょう。だから、しっかりと治療を受けたほうが良いです。

この時に行うものは基本的に体を動かしたり、マッサージをしたりすることが望ましいでしょう。特に体を動かすことは、症状の改善の他にも健康的な体にするためにも必要なことです。

だから、しっかりと運動することをオススメしますね。ただし、運動のやり方によっては悪化させることになる場合がありますので、運動のやり方に注意してください。

ブロック注射をする場合は、腰関係が多いでしょう。この場合に適切なのが水の中で歩く行為です。プールなどの中で少しの歩行で相当良い運動をすることができます。特に症状を悪化させずに済ませることが出来るので、これをやってみると良いですね。

このようにブロック注射をする場合は、痛みが引いているうちにしっかりと運動をするようにして症状を治すように心がけましょう。