急激な体重増加を防ぐ会 » 妊娠中の理想の数値

妊娠中の理想の数値

赤ちゃんが育っていくぶん体重が増えるのは当然のこととはいえ、太りすぎても今度は別のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

いくつか例をあげると、まず有名どころでは妊娠中毒症があります。これはむくみ、高血圧、タンパク尿などの症状を指します。これらは、太りすぎると発症するリスクが高まります。この症状を放っておくと母体だけでなく早産や未熟児の可能性が高まるなど悪い影響が出てきてしまいます。

次に、糖尿病。太っていると糖尿病になりやすいと言われますが、お腹に子供がいる状態では子供にも大きな影響が出ます。血液中の血糖値に異常が起こってしまうと、お母さんの血液を介して栄養を貰っている赤ちゃんも太ってしまうことになるのです。

このような巨大児は見た目にはしっかりしているように感じるかもしれませんが、実は内臓の機能が未熟で弱い子供として生まれてしまうことが多いです。

また、太りすぎは膝や腰への負担にもなります。ただでさえ赤ん坊を抱えて負担が増えているのに、そこにさらに余計な脂肪まで増えては、ますます膝や腰に負担を増やし、膝痛や腰痛になる可能性を高めてしまいます。

では現実的には、どの程度までの増加が理想的なのでしょうか。人によって差があるので、基本的には担当医に確認するといいでしょう。一般的には。7~10Kg程度が理想と言われますが、もともとの体格によっても異なってきます。

ただし、最終的に上手く理想値に収まったとしても、短期間であまりにも急激に増えるのは中毒症の恐れがでてきます。一週間に500g以内を目安に考えましょう。

さて、理想の数値がわかっても、それをどう管理すればいいのでしょうか。毎日同じ時間に自分の状態を確認することと、食事のバランスを再確認することが重要です。特に、塩分の摂取過多には要注意です。

また、お腹が張ってきて大変かもしれませんが、散歩などの軽い運動はできるだけ続けるようにしましょう。