急激な体重増加を防ぐ会 » 廊下を使いやすくする

廊下を使いやすくする

廊下は部屋と部屋を繋いでいる人がすれ違うスペースになっています。そのため、廊下をリフォームする際には、ふわふわと浮かんでしまっている箇所がないようにしっかりと工事を行なってもらいましょう。

バリアフリーのことを考えて部屋との段差を少なくしたり、なくしたり、手すりをつけるという工夫をしておくと将来的にも安心できる住宅に生まれ変わらせることもできるので検討する価値があります。

では、廊下に必ずしもかぎらない話ですが、注意点を挙げておくので参考にしてみてください。それは最近の建材についてです。

最近の建材の中には、表面に☆☆☆☆というマークが印刷されているものがあります。これはホルムアルデヒドの等級の規格を表しているマークです。

ホルムアルデヒドの放散量の性能区分が決められていて、場所によって使用できる星の数が変わってきます。しかし、重要なことは☆がついているということはホルムアルデヒドが少しでもあるということです。

量に多少の差こそあれ、表示が付いているものはホルムアルデヒドが入っていることに間違いはないのですから、シックハウス症候群の人などは特に注意が必要でしょう。