急激な体重増加を防ぐ会 » 資格の違い

資格の違い

接骨院や整体院と聞くとなんとなくでもどのようなところかはイメージがつくと思います。中には実際に身体の不調の改善に接骨院などに通われている方もいるでしょう。

しかし、両者の違いについて明確に答えられる方はそう多くは無いのではないでしょうか。確かに実際の施術の様子などは似通った部分もありますが、明確な違いが施術者の立場にあります。

まずですが、接骨院を営んでいるのは国家試験を受け無事合格をして「柔道整復師」という資格を得ています。この試験に合格せずに接骨院を営むのは違法行為になります。

接骨院では、整形外科などに勤める医師のように病気や怪我の診断や、手術、薬剤の投与といったいわゆる医療行為は出来ませんが、法律で定められている医療類似行為を正式に行うことが出来る立場にあります。そのため、治療の際には保険を適用することが出来ます。

それに対し、整体院では、接骨院と同じく医療類似行為を行ってはいますが、これを名乗るには法律的にはなんの制限もありません。先程の接骨院の柔道整復師が国による規制があるのに対し、こちらは何も規制がないのです。

これはカイロプラクティックなどにも言えることです。つまりは国から医療行為だということを正式に認められていないということです。ですから施術に対し健康保険などの各種保険を適用することが出来ません。

このような明確な違いがありますが、もしあなたが新たに接骨院などに通いたいと思った時に、気をつけるべきポイントには共通点があります。

それはあまり資格に惑わされないことという点です。国家資格と民間資格の違いはありますが、どちらもそれぞれの資格を確認しただけで安心しないということ。

確かに国家資格な分だけ接骨院は信頼できるかもしれませんが、やはり接骨院も整体院も効果的な治療を受けたいと思ったならばそれだけを頼るのは危険だということです。実際の接骨院の評判や口コミを調べることが大切でしょう。