急激な体重増加を防ぐ会 » 坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状

腰椎椎間板ヘルニアでの特徴的な症状が、坐骨神経痛です。これは、文字通りに坐骨神経と呼ばれる神経が圧迫などが原因で下肢に痛みやしびれを起こす症状です。

腰椎椎間板ヘルニアの症状が進行してくると、下肢のしびれが足先にまで達し、筋力の低下を招くケースも多くなります。また坐骨神経痛は腰周りの病気には付き物と言われています。つまり、腰痛には下肢のしびれなどが多く関わってきます。

単なる腰痛でも、脚にも疲れが出やすい、と言う場合、腰椎椎間板ヘルニアなどの腰の病気に特にかかりやすくなっていると判断することが可能です。

坐骨神経とは、脊髄髄節から伸びている末梢神経です。この末梢神経はほぼ全身の運動を制御しています。人間の体の中で最も長い神経の1つで、腰から臀部、臀部から太股の後ろを通り、足の甲、足の裏にまで続いています。

下肢の痛みを脳に伝える働きを持つのは、主に坐骨神経とその中枢にある脊髄です。つまり、下肢以外の部位でもこの神経が通っていて、異常がある場合には下肢の痛みとして感じてしまいます。

これを治すには、腰椎椎間板ヘルニアを完全に治療しなければなりません。つまり、腰椎椎間板ヘルニアが圧迫することを治療しなければ、痛みが消えません。放置すれば、動けなくなるほどの腰痛や痺れが起こります。

よく咳やくしゃみをしただけでも、という表現がありますが、坐骨神経痛でも同様の症状が出ます。また、腰椎椎間板ヘルニアが原因となった場合では、痛みや痺れだけでなく麻痺を起こす場合もあります。

触感が無くなったり、動かすことができなくなり、生活をする上で歩くこともできなくなります。軽い症状でも半年程度続く場合は手術を検討する場合もあります。

このように腰椎椎間板ヘルニアの症状の中でも放置できない症状として顕著なのが坐骨神経痛です。腰と脚が痛めば、残る部分は上体だけになってしまい、痛みを我慢するために気を散らすこともままならなくなってしまいます。