急激な体重増加を防ぐ会 » 体操を行う

体操を行う

「ストレッチ」というと、どのようなものを思い浮かべるでしょうか。と言っても、あなたがイメージされたもので基本的に正しいかと思います。

これらは筋肉や関節を伸ばす柔軟体操のこと言い、「ストレッチング」とも呼ばれます。例えば、スポーツの前に行うイメージが強いでしょうか。スポーツでは身体の筋肉を動かすことになるので、それを行う前には、必ず準備が必要になります。

さて、スポーツの前にこのような準備体操を行うことを、よくウォームアップと呼びますが、これは読んで字のごとく「身体を温めること」を目的としています。

先んじて身体を動かすことによって、筋肉の温度を高め、柔軟性を向上させます。特に運動の前に行う「ストレッチ」は、体温と筋肉の温度を上昇させることにつながります。

このように、準備体操をすることで筋肉の柔軟性を向上させ、関節の動く範囲である「可動域」を高めます。そうすることで、運動に適した体の状態に持って行くということです。

また、ウォームアップを行い柔軟性を高めることは、身体や頚椎症などの負担を軽減し、怪我を予防する効果もあります。例えばバドミントンやサッカーなどの激しい運動を伴うスポーツに、何の準備もなく取り組むと、怪我の原因になるということはよく言われます。

これは、いきなり激しい運動をすると、心臓を始めとした心肺機能や、身体中に大きなダメージを与えてしまう可能性があるからです。

「ストレッチ」によって、あらかじめ軽めの負荷をかけておくことで、運動中に起こりうる怪我を予防する効果があるのです。また、アスリートなどになってくると、本番前の精神集中のために行うこともあるようです。