急激な体重増加を防ぐ会 » 仕事への影響

仕事への影響

頚椎椎間板ヘルニアになる原因は衝撃などからくる外傷性のものや生活習慣の乱れによる負荷の蓄積によるものなどがありますが、確率としては頚椎椎間板ヘルニアは、成人してからつまり社会人になり働いてからの発症が多いとされています。

そのため、頚椎椎間板ヘルニアになってしまうと仕事を休まなければならないという状態になってしまうのは、社会人にとっては大きな打撃を与えます。

インターネットやパソコンの普及によりデスクワークなどの1日中同じ姿勢を強いられる仕事が多くなり、首や腰など脊椎への負担をかける状況が作り上げられてしまったことで、自ずと頚椎椎間板ヘルニアの発症確率が高くなってしまっているのもそもそもの問題です。

頚椎椎間板ヘルニアは一度発症すると完治までが時間がかかるため、治療期間として仕方なく休業する人や止むを得ず会社を退職してしまう人も少なくはありません。

症状が軽度の早期発見された場合、頚椎椎間板ヘルニアの治療や安静期間を経ることで完治していくため、それを無視してしまうと症状は収まるどころか悪化してしまうことがあります。

そのため首に負担がかかる仕事、長時間同じ姿勢を強いられる仕事の場合には、痛みや他の症状は発生し業務に集中することができなくなります。そうなると自ずと痛みのせいで会社を休みがちになってしまうというということが、実際に頚椎椎間板ヘルニアを患っている人たちに起こっています。

治療期間は休業して頚椎椎間板ヘルニアが完治してから業務に復帰するという人もいますが、業務は以前と変わらないもののため自動的に再び脊椎への負荷はかかっていくのです。

そのせいで復帰からあまり時間が経っていない段階だというのに再発するというケースも最近では多いようです。

カラーを着用することにより負担を軽減することが可能なのでその状態で業務をこなす患者もいますが、体に負担をかけていることには変わりはないので、完治までの時間が自ずと延びてしまい慢性化してしまうことも少なくありません。