急激な体重増加を防ぐ会 » 腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、上下の椎体が前後にずれてしまう病気です。またその多くは変性すべり症と呼ばる種類で、加齢に伴って脊椎の関節や靭帯がゆるんできて、脊椎をまっすぐに支えられなくなってしまいます。

椎骨には椎孔と呼ばれる穴があいていますが、これらが並んでトンネル状になったものを脊柱管と呼び、またその中を馬尾と呼ばれる神経が通っています。

並んでいる椎骨がずれれば、この部分が狭くなってしまい、神経が圧迫され痛みが発症することになります。外見から腰が曲がって見える人の多くがこの腰椎すべり症です。

また、腰椎すべり症などから脊柱管狭窄症を合併してしまうケースが多く、腰痛になったり、歩行障害である間欠性跛行が起きたり、下肢のしびれなども発生します。

腰痛を和らげるために腰痛体操をする方も多いようです。また他にも色々なリハビリの手法があり、その症状によって効果も分かれます。

腰椎すべり症かどうか分からない状態で腰痛だけは強かったり、腰椎すべり症の状態が上手く掴めなかったりというケースでは、体操などはすぐに行わず、整形外科で診察を受けたほうがいいでしょう。痛みには個人差があるものの、腰椎すべり症ではあまり激しい痛みは無いといわれます。

椅子に座ったままにしていると腰のあたりに痺れを感じる、腰が重くなってくる、などの症状がある場合にはそうした症状は安静にすることで引いていくことが多く、医師にすぐに診てもらう、という方も少ないため、慢性化させることが多いようです。

慢性になってしまうと痛みも一定になりある程度症状がマンネリ化しますが、この時点で診察を受け、保存療法を開始するという場合はなかなか治らないが痛みを改善しながら色々な治療を試みるということになります。

症状が改善しなければ手術をすることもありますが、治療を続けることによってどのような方法が最も合っているのかが解ってくると、リハビリなども効率的にできるようになる方もいらっしゃいます。